未分類

B型肝炎給付金

注射かつておこなわれていたのが、集団予防接種です。覚えている人も多いはずですが、今では考えられないことになるでしょう。衛生面のリスクを考えれば、あまりにリスクの高い方法であるのは間違いありません。実際に注射器の使い回しによって、B型肝炎ウイルスの感染を急速に拡大させてしまいました。国の大きな責任でもありますが、ずさんな管理体制を指導していった結果、多くのB型肝炎感染者を生み出しただけではなく、母子感染という二次感染にまで至ります。結果として国を相手取った訴訟が起こされるようになり、和解することによって給付金制度が作られるようになりました。法律で設定されているものであり、集団予防接種によってB型肝炎に感染していることを証明できれば、受け取ることが可能です。ですが、ここで問題になるのは、訴訟を起こしていかなければいけないところにあるでしょう。

集団予防接種によって感染したことを証明するためですが、一般の方が自力で訴訟を起こすだけでも困難なことになっていきます。さらに証拠を集めていくとなれば、ハードルは必然的に高くなってしまうでしょう。そこで、弁護士に依頼して進めるという選択肢に至るのが自然なことです。

弁護士に依頼するというのは、正直簡単なことではありません。普段から付き合いがあれば問題もありませんが、そうはいかないのが当然でしょう。どうしても、縁遠い存在となってしまう面もありますので、こうした情報を参考にしながら、効果的な手法を考えてみてはいかがでしょうか。